スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

屋根遮熱塗料の効果

弊社の実績では屋根塗装は80%のお客様が遮熱塗料で施工をされています。
今回どの程度効果があるのか測定致しました。

2018-8-10-1.jpg

  高圧洗浄実施後、棟板金は
  釘浮き補修・ケレン・錆止めを
  塗布しカラーベスト全体のアレス
  クールシーラーの下塗りが完了です。
  (この後タスペーサー挿入)



2018-8-10-2.jpg 2018-8-10-3.jpg
アレスクール中塗り中 アレスクール中塗り完了
2018-8-10-4.jpg


  アレスクールシリコン上塗り塗装中ですが
  塗り残し、塗りムラが一目でわかる様
  色替えを致しました。




2018-8-10-5.jpg 2018-8-10-6.jpg
完了 完了
2018-8-10-7.jpg 2018-8-10-8.jpg
  足場の上からお隣2件の屋根の表面温度を測定しましたら、いずれも65℃程でした。

2018-8-10-9.jpg

  今回遮熱塗料(アレスクールシリコン)で
  施工した屋根の表面温度は48℃で
  ご近所にくらべ17℃の温度低減効果が
  確認出来ました。





ダークブルー白文字


スポンサーサイト
.10 2018 屋根塗装 comment0 trackback0

ガイナ屋根塗装で涼しさ実感!

節電が要求される今、屋根の保護と節電を同時に行ない、地球温暖化抑制にも大きく貢献する遮熱塗料での屋根塗装のご要望が増えてまいりました。
今週の現場から遮熱効果抜群のガイナ塗料での屋根塗装のご紹介です。

23-9-18-1.jpg


丁寧な高圧洗浄を実施し、充分乾燥後、
軒オサエなどの鉄部はケレンを行ない
錆止め塗料を塗る



23-9-18-2.jpg



 カラーベスト部は上塗りのガイナに
 適したシーラーを下塗りする



23-9-18-3.jpg


カラーベスト上下の重なり部が塗料で
塞がらない様に事前にタスペーサーの
挿入を行ない、適度な隙間を確保する。
(タスペーサー縁切り工法)



23-9-18-4.jpg



 ガイナ塗料の中塗りです。




23-9-18-5.jpg 23-9-18-6.jpg

ガイナの効果が発揮される様、塗装インターバルを充分に確保し、規定量を均一に上塗りする。

23-9-18-7.jpg 23-9-18-8.jpg

カラーベスト重なり部は塗料のつまりのない適切な隙間が確保された、綺麗・長持ち・遮熱のガイナ屋根塗装の完了です。

ダークブルー白文字
.27 2014 屋根塗装 comment0 trackback0

屋根(カラーベスト)塗装の必要性と下地調整

お客様へ屋根診断にお伺いすると
「カラーベストの屋根は塗装すると剥がれたり、雨漏れが起こる事もあるので塗装しない方が良い」と言う会社もあるがどうなんでしょうとよく聞かれます。

23-9-11-1.jpg そのような会社はおそらくそんな経験があった
 のでしょう。
 塗装の剥がれは洗浄が雑であったり、下塗りの
 シーラーの塗布量不足や塗装インターバルが
 充分確保されていないなどが考えられます。
 雨漏れの原因としてはカラーベスト上下の重な
 り部が塗料で塞がれてしまい縁切りを実施しな
 かった為水分の排出が悪くなり起こる事もあり
 ます。

23-9-11-2.jpg
棟押え(トタン部)の釘浮きやカラーベストの損傷などもよく調査し補修が必要です。

棟押さえの釘は何本かは必ず浮いています。
全体を調査し、新規釘打ちが必要です(既存釘を打ち込み、頭をシールしその横に新規釘打ち)


23-9-11-3.jpg

 釘がきかない場合は下地板の腐食が考えられ
 るので棟板の撤去・調査が必要です。
 ただ3回塗るだけでは先々様々問題が発生
 する事が考えられます。



23-9-11-8.jpg


鉄部はケレンし、錆止め塗料を塗ります。
カラーベスト用のシーラーをトタン部にも塗装する会社も見られるが、材質に見合った下塗り材が必要です。


23-9-11-10.jpg

 カラーベスト部は下地材を強化させ、
 塗料の密着向上の為のシーラーを塗布
 します。
 上塗り材に適したシーラーの選定が必要です。



23-9-11-6.jpg

カラーベストの重なり部が塗料で塞がった場合、皮スキやカッターで隙間を確保する縁切り作業が必要です。
アサヒペイントでは塗装前に適度な隙間を確保するタスペーサーの挿入を基本としております。



23-9-11-7.jpg


 もっとも重要な下地調整がこれで完了し、
 この上に2回お好みの遮熱塗料、シリコン
 ・フッ素樹脂塗料などが塗られます。



屋根は紫外線や酸性雨がもろにあたり、外壁以上に条件は厳しく、痛み具合がもっとも進行する箇所です。
アサヒペイントは屋根塗装を自信をもってお勧め致します。


次週は施工現場からガイナの屋根塗装をご案内いたします。

ダークブルー白文字
.20 2014 屋根塗装 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

マークアサヒペイントは外壁塗装、屋根塗装、防水工事などを最も得意とする外壁リフォームの専門店です。日々施工中の現場から下地調整から完了に至るまで様々な事例を織り交ぜながらお伝えいたします。

2013-8-30-3.jpg 外壁診断士 黒岩和則
全国住宅外壁診断士協会
(認定)S-00487-13



アサヒペイント株式会社

Author:アサヒペイント株式会社

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。